5月14日 民法

〇第一条
 2項 別名:信義則(社会常識)
 3項 別名:権利濫用条理(教科書P25)

〇民法上考慮される能力
 ○権利能力:法律上保護される能力
 ○行為能力(規定あり):自分の行為を識別できる能力(7歳~)
 ×意思能力:単独で法律行為ができる能力

〇行為能力の弱い度合
 被後見人
 被保佐人
 被補助人

〇出生の度合
 一部露出説(民法)
 全部露出説(憲法)
 独立呼吸説

〇死亡の種類
 認定死亡(災害によって死体が見当たらない)
 →失踪宣告(特別失踪)にもなりえる
 *死亡:権利を失う
  失踪:権利は残る
  §32の2

civil law pic5.jpg
civil law pic6.jpg

(以下メモ)
〇用語
 条理=信義
 新しい人権=人格権
 危険接近の法理
 損害・・・責任を負う
 損失・・・責任を伴わない


  • 最終更新:2013-05-26 11:20:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード