6月10日 刑法

〇犯罪の成立要件
 1、構成要件該当性
 2、違法性
 3、有責性(責任)
 (4、処罰の必要性{政策的考慮})

 法律要件      犯罪
  ↓         ↓
 法律効果      刑罰

〇構成要件
 ドイツ語の単語でタートベシュタント
  *タートベシュタント
   →・構成要件
    ・法律要件

〇4、処罰の必要性
 客観的処罰条件
 刑罰阻却事由
 
 事例:§197Ⅱ 事前収賄
 
〇構成要件とは何か?
 ・構成要件の機能
 (独)ベーリング→保障機能(客観的、記述的)
  ☆保障機能
   個別化機能
   違法性推定機能
   故意規制機能・・・故意の認識対象の限定
    →窃盗・・・財物の他人性

 ・構成要件の要素
   客観的要素     主観的要素(重要)・・・故意・過失を含む
   記述的要素     規範的要素
  
  目的犯における目的
    主観と客観で成り立つ犯罪 
      (§148)

   記述的・・・一時的に判断しえる
   規範的・・・一時的に判断できない (§175など)
         価値判断


  • 最終更新:2013-06-16 12:04:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード